引越し業者不用品回収で引越し後に快適に

事業承継と相続税の関係 その4

事業承継と相続税の関係 その4

故人が生前していた事業を承継すれば、相続税の課税上において有利な特例制度の適用を受けることが可能です。ただ、事業承継する事業の内容には注意して下さい。内容によってこの制度による節税効果が大きく変わってくるからです。相談する際には事業承継 税理士が相談に乗ります。
とは言えそんなに難しい話ではありません。節税効果が減ってしまうのは、不動産業のみであるためです。マンション、アパートの賃貸業、駐車場経営などの不動産業については、他の事業とは違い土地の相続税評価額の減額割合が小さくされています。その減額割合は50%です。単純に考えれば、土地に対してかかってくる相続税の負担を半分に減らせるということなので、これだけ聞けば節税効果が低いとは思えないでしょう。ですが、不動産業以外であれば、減額割合は80%に増えます。また、限度面積要件も増えることになるので、両者の違いは大きいと言えます。お探しする際には事業承継 税金の不安を比較してからお選びください。
不動産業でも適用を受けられないわけではありませんが、その違いはかなり大きいので注意して下さい。
不明なところがある場合は事業承継を選んでみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ